マスカラの便利なシーン・向かないシーン

女性は、自分の容姿を少しでも魅力的に見せたいと願うもので、そのためにメイクやヘアアレンジなど、様々なお手入れを行うものですが、そういった身だしなみはTPOに応じて行うということは大人の女性としては基本中の基本で、場違いなメイクや装いは、魅力的に見えるどころかひんしゅくを買い、常識を疑われてしまうことにもつながります。


魅力的な目元を演出するために使用するマスカラも、通常であればまつげをしっかりと際立たせる効力があるので、目元メイクには欠かせないアイテムですが、お悔やみの場においてはそういった眼力メイクは場違いで、デメリットでしかありません。悲しみで涙が自然と流れてしまう場所でもあり、マスカラが涙で落ちてしまえば、黒い涙が頬を伝うだけで、不潔感さえ漂い、悲しみは相手には伝わりません。メイクアイテムは、自身のコンプレックスをうまくカバーできるメリットもある反面、使い方を誤ってしまうと、後々までその人の人格を疑われてしまうことにもつながるため、しっかりと考えて、その場にふさわしい演出をしましょう。逆に華やかに見せたい場では、このマスカラは非常に便利なアイテムで、小さな目を大きくぱっちりと見せてくれるので、積極的に使いましょう。

Comments are closed.