つけまつげの便利なシーン・向かないシーン

近年、「目力(めぢから)」という言葉が流行っているように、女性の多くは自身の目を大きく魅力的に見せる為に様々な方法でメイクを工夫しています。カラーコンタクトを使用する場合もありますが、手軽なものではつけまつげを利用する人も非常に多いです。


まつげのエクステンション等と比べて安価なので人気のあるアイテムなのですが、使用にあたってメリットとデメリットが存在することは言うまでもありません、まずメリットですが、急に人と会う用事が出来た際などは非常に手軽にアイメイクをすることが出来ます。慣れてくればマスカラを塗るよりも短時間でメイクが完成します。このような時はとても便利ですね。では反対にデメリットとしてはどのようなものがあるでしょうか。つけまつげを装着する際はグルーという接着剤を使用します。そして、目のギリギリの部分にこれをつけるので、目に入ってしまう恐れがあります。手軽に目を大きく見せることが出来る反面、このような危険と隣り合わせだというデメリットも存在します。目やその周辺に疾患のある場合はつけまつげの使用は控えた方が良いでしょう。とは言え、つけまつげがもたらす「目力アップ」の効果はとても大きいので、状況によって上手く使い分けていくことをお勧めします。

Comments are closed.